ここは代表の赤井さんの作業部屋

二畳ほどの広さに机と椅子2つ、本棚もありキツキツですが、子どもたちはここが大好き

「赤井さーん、ちょっと聞いてくれる?」「どしたの」


学校や家庭での出来事の鬱憤晴らしや深刻な相談も、この小部屋の引き戸を閉めてしまえば安心して話せる^_^

そんな場所

ちなみに鬱憤晴らしって、意味を調べてみた

『心の内に抱えている、不満や怒りなど外部に対するネガティブな感情を、何らかの形で発散し解消させること』

それが家庭でも出来ている子もいるでしょう

でも誰にも言えなくて一人で抱え込んでいる子もたくさんいる、それに気づいたのはぐれいぷハウスにかかわるようになってから

安心を感じて初めて『自信』につながると教えてくれたのは、CAP を日本に紹介した森田ゆり先生

ぐれいぷハウスで小さな自信を一つ一つ積み上げている子の姿が、最近とても眩しく感じます

写真のスカイブルーのコースターと可愛いチェリー🍒柄のクッションは、それぞれミシンで作った子からの赤井さんへのプレゼント

By yoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。