フィンランド生まれのゲーム、モルックをご存知ですか?

ルールはいたってシンプル。

ルール①「モルック」と呼ばれる木の棒を投げて、3.5m離れたところにある12本の「スキットル」という木のピンを倒すだけ。スキットルには1から12までの数字が書いてあります。

ルール②点数の数え方は、スキットルが1本倒れた場合は「書いてある数字」、
2本以上倒れた場合は「倒れた本数」。

ルール③2チーム以上で競い、50点ピッタリになったチームが勝ち!
ただし、50点を1点でも超えると25点に戻ります。

私がやりたくてぐれいぷハウスに導入😆

YouTubeで見たことある!と言ってた子が何人かいたので「やろう、やろう!」と誘って、ようやく実施できました!

3対3のチームに分かれて、スタート

初めてにしてはみんな何本かは倒せるので、難しくない感じ

たくさん倒す、一本だけ狙って倒すなど個人やチームで考えて出来るところも面白味がありました

Mくんの発案で25点をゴールにして勝敗が早く着くようにしていました。展開が早いので面白さがアップ⤴️

木の太棒、モルックを投げることができたら、小さい子でも参加できそう

夕暮れ時から始めたので、蚊に10ヶ所以上刺された子がいて💦

今度は蚊の対策をしてやろうね😁

By yoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。